2週間の座学を経て、ついに実習開始です!

結局「Oracle VM VirtualBox」も「CentOS」も何だかよく分からぬまま、私は課題に着手しました。それでも、私にはプレ美さんから送られた手順書があるのです。それ通りに行えば、失敗するはずありません。

カチカチカチ―、マウスをテンポよくクリックしたり、スルスルと滑らせたりして、Oracle VM VirtualBox のインストールは即完了。

Oracle VM VirtualBox のインストール完了
Oracle VM VirtualBox のインストール完了

けれども、このマウスが織りなす一定のリズムを阻害する作業が一つありました。それは、「キャプチャ」です。プレ美さんからのメールには

「全ての作業工程を画面キャプチャしておいてください」

との指示がありました。そのため、私は律儀にも、1作業毎に小休止を打つかの如く「Alt」と「PrtScr」キーを押し、エクセルにその画像を貼り付けなければなりませんでした。

画面キャプチャソフトについて

研修時には、メモ+画像を張り付けられるのでExcelにログをとることが多いです。
連続で簡単に画像採取ができる「画像キャプチャーツール」もあります。
「WinShot」定番の画面キャプチャー – 窓の杜

ひと口メモ:画面キャプチャー

次にCentOSのダウンロードに取り掛かりました。
CentOSのサイトからCentOSのISOディスクイメージをダウンロードするには40分程見込まれました。


CentOS公式サイト

「こんなに待つなんて」と、とろんとしてきた目をこすった矢先、丁度お昼のチャイムが鳴りました。ラッキー。
暇な昼休み。私は、退屈しのぎに家から持参したお弁当をじっくり味わうことにしました。そこで、ふわふわの卵サンドイッチ3切れを一口ずつきっかり30回噛んでみました。結果、顎が痛くなり顔のエラが余計に張りました。チッ、やんなきゃよかった。


CentOSのISOディスクイメージのダウンロード完了

さて、休み明けのチャイムが鳴ると同時に、早速作業の続きです。
Oracle VM VirtualBoxを立ち上げ、「CentOSのインストール」に取り掛かりました。


CentOS設定

手順書通りに「仮想マシンの作成」で「必要なメモリーサイズを2000MB」に設定し「次へ」をクリック。


仮想マシンの作成

そして、いよいよ「起動ハードディスクを選択」するウィンドウから、ダウンロードした「CentOS」の仮想光学ディスクドライブを選択し、「起動」をクリックしました。


その途端、画面が真っ黒になり、青や白で書かれた文字が浮き上がりました。
いよいよCentOSの降臨です。


<★次回に続く(7月19日頃掲載予定)★>

登場人物プロフィール

IT未経験新人サリ子
サリ子(2X才)
都内私大文系卒。大学卒業後、数年間サービス業に従事。この度当社に中途入社。
IT経験:
未経験、知識ゼロ
入社時のITスキル:
Microsoft Office Specialist (Word, Excel, Power Point)
配属先:
システム技術部


新人教育担当プレ子
プレ美(3X才)
中途入社6年目、当社で育休・産休を取得。
現在、在宅ワークで勤務中。週に2日、本社に来てサリ子の面倒を見てくれる。
IT経験:前職はインフラSE、当社ではWeb開発。
IT未経験新人サリ子
サリ子
(2X才)
都内私大文系卒。大学卒業後、数年間サービス業に従事。この度当社に中途入社。
IT経験:
未経験、知識ゼロ
入社時のITスキル:
Microsoft Office Specialist (Word, Excel, Power Point)
配属先:
システム技術部


新人教育担当プレ子
プレ子
(3X才)
中途入社6年目、当社で育休・産休を取得。
現在、在宅ワークで勤務中。週に2日、本社に来てサリ子の面倒を見てくれる。
IT経験:前職はインフラSE、当社ではWeb開発。