インプレサリオス株式会社 > ソリューション/サービス > 事例紹介 > Q様 Hyper-V 環境構築事例

ICTプラットフォーム設計・構築サービス

Q様 Hyper-V 環境構築事例

ポイント

・統合バックアップ環境が実現
・物理サーバを半減し、占拠スペースを半減
・統一されていなかったデータの一元化に成功

構成

ハードウェア サーバ DELL製ミドルクラスモデル、エントリークラスモデル
ストレージ DELL製ミドルクラスモデル
ソフトウェア OS Windows Server 2008 R2
仮想化ソフト Windows Server 2008 Hyper-V

構築目的

社内部門毎に管理されていた売上情報等を扱うファイルサーバ、データベースサーバの集約に加え、統合されたデータウェアハウスでの分析を含めた機能実現のたETLツール、BIツールなどのデータベースとの連携、及び、Microsoft SharePointでのドキュメント管理を含めたビジネスツールの統合化の実現。
SQL Server等のMicrosoft製品が中心となるため、親和性の観点から仮想化手段としてHyper-Vを選択。

導入効果

Windowsシステムに特化した構成であるため、仮想化ホスト、仮想化ゲスト、物理サーバにて統合されたバックアップを実現し、またHyper-Vでの仮想化によるマシンの集約により物理サーバを約1/2に削減した。
各部署にて個別に管理されていたデータを一元集約し、統一したフォーマットにて提供できるように改善した。

↑ページの先頭に戻る