インプレサリオス株式会社 > 採用情報 > 新人研修 > 新人研修実施報告「Centric Managerの製品デモ紹介」

新人研修実施報告「Centric Managerの製品デモ紹介」

新人教育内で実施した内容をご紹介します。
本ページの原稿・資料は、教育内で新人が作成しています。

研修概要

教育課題は、「手作業でサーバ運用を行っているお客様にCentric Managerの製品デモ紹介(プレゼン)を行う」というもので、初めに提示された顧客要件に対してデモを実施する実機環境とプレゼン内容を自分たちで作成しました。
これまでの新人教育は座学や手順書を元にした構築作業が主だったのですが、今回からは実際の業務を想定した内容とのことで、慣れない作業が多く非常に苦労しました。

プレゼン内容について

最終日に行ったプレゼンは以下のようなものです。

まず顧客要件に対して製品機能で問題を解決できることをパワーポイントの資料で説明し、その後社内の仮想環境上に立てたCentric Managerを使って機能のデモを行いました。

パワーポイント資料

デモでは、実際にCentric Managerのコンソールを操作し、監視対象サーバを強制的にシャットダウンしてエラーを検知する画面や資産管理台帳を表示し、Centric Managerにどんな機能があるかを説明しました。
途中、シャットダウン後1分以内に出るはずのエラーがしばらく表示されず、予定通りに説明が進められなくなってしまいました。準備段階での調査・研究が不足しており、反省点が残りました。

デモ視聴者からの評価

プレゼンの際に顧客役になって頂いた社内の方から以下のような評価を頂きました。

  • プレゼンの期限が守れていたことは初回としては評価できる
  • 機能説明とデモの内容が合っていない部分があり納得感がない
  • 機能(手段)の説明に終始しており、顧客目線で何がよいのか、結論をプレゼンできていない
  • 次回はしっかり動く環境が見たい

作業スケジュール:プレゼンの準備について

上記のプレゼンのため、新人3名のチームで1週間かけて以下のような準備に取り組みました。

1日目(月)
  • 課題(顧客要件)の提示
  • スケジュール作成
  • 製品調査
  • 要件対応表作成
2日目(火)
  • 製品調査
  • デモ環境構成作成
3日目(水)
  • デモ環境構築
  • デモシナリオ作成
4日目(木)
  • デモ環境構築
  • デモシナリオ作成
  • リハーサル
  • 指摘事項の整理
5日目(金)
  • デモ修正
  • プレゼン本番

各作業で苦労した点について

細かくスケジュールを作ること自体が初めてのため時間がかかりました。しかし一週間使用してみて、何をいつまでに終わらせる必要があるのか明示することや、作業が遅れた時の影響を図り、対策を練るために必要なことが分かりました。

顧客要件を満たす製品機能を自分たちで調査するのにも苦労しました。マニュアル等にはたくさんの機能が紹介されているので、なかなか必要な機能に絞って調査することができませんでした。
一方で使う機能が決まれば、サーバ要件等からデモに必要な構成を調査することは比較的早く調べることができました。

実機の構築では、マニュアルの読み方が間違っていて設定がうまくいかない部分もありましたが、何とか動作する環境を構築できました。
構築作業と並行して、分担してデモシナリオを作成したのですが、構築担当者との意思疎通がうまくいかず、話のつながりが悪くなっていることを指摘されました。

まとめ

最後に、この1週間の教育を経て得られたことや、反省点について記述します。

  • スケジューリングの重要性
    必要な作業を詳細に分け、いつまでに成果物を作る・報告するという目標ができることで、時間のかかる作業を計画的に進めることができるのだと実感しました。

  • 調査する能力
    今回、製品のドキュメントから今回のお客様の要望にあった機能を探し、説明資料にまとめることができました。しかし、限られた時間でもっと深く理解するためには、必要な部分に絞って詳細な調査をしないといけないと思いました。

  • 監視運用の理解
    監視がなぜ必要なのかについて、「冗長化したサーバ構成で1台が止まった時に、サービスが止まる前に復旧するために検知と対処を行う」という説明をしました。サーバ運用の現場では、止まってからではなく止まる兆候をいかに事前に検知できるかが重要で、そのために監視ソフトウェアにはたくさんの機能があるということが理解できました。

  • 顧客視点の難しさ
    お客様の要望を全て文字通りに必要だと思い込み、対応する機能を薄く紹介する内容になってしまいました。結果的に製品紹介(売り込み)で終わってしまい、お客様の運用がどのように良くなるのかが説明できない不十分なプレゼンとなってしまいました。
    こういう機能(手段)がある、で終わらずにお客様のためになる(結論)ことから逆算してシナリオを作ることが必要だと学びました。

  • チーム内での意思疎通
    作業分担をした際に各自の解釈で進めていたため最終的に意見を纏めきれず、意志疎通の難しさを感じました。些細なことでも各自がしっかりチーム内に確認することや、意見共有のタイミングをどこで取るか決めておくことが大事だと思いました。

次回実習時には、今回の経験を生かしてよりよいプレゼンができるように取り組んでいきたいと思います。

記事作成者



インプレサリオス株式会社 新人S

採用についてのお問い合わせ

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-8-7 蒲田K-1ビル6F
インプレサリオス株式会社 人事担当

03-5703-1461 (代表)
受付時間9:00~17:30※土日祝日を除く
メール:jinji@impresarios.co.jp